こんなことをいっては縁起が悪いかもしれませんが「親孝行したい時には親はなし」ということわざもあるくらい、あの時孝行しておけばよかったという話はよく耳にするのではないでしょうか。後悔しないためにも、親への感謝は早めに伝えたいものです。しかし、いざ親孝行するといっても、何をしたらいいのか分からという人も多いかもしれません。言葉で現すもの恥ずかしさや照れが先に立ちそうであり、何でもない時に突然親に感謝の気持ちを述べたところで、親の方も面喰らってしまいそうですよね。元気な姿を見せればいい、という人もいます。もちろん、それでも十分なのですが、ひとつの案としてプレゼントを渡すという方法がおすすめです。
何もない時にいきなりプレゼントを渡すと、親は驚きます。そのため、よく聞く話かもしれませんが、初任給で贈るのがいいのではないでしょうか。就職でもアルバイトでも、自分で働いて親以外から初めてもらった給料を、親へのプレゼントに使ってください。「初任給」というのがポイントです。自分でお金を稼ぐようになれば、欲しいものがあったりお金を貯める目的があったりするかもしれません。しかし、それは次回からにしましょう。「初任給」ということに意味があります。タイミング的にも初任給というのがわかりやすく、渡す側にも照れがないのではないかと思います。初めての仕事の給料で表した親への感謝の気持ちが、何よりも親孝行になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です